軽量スチール棚

トピックス

スチール棚の在庫品と受注生産について

スチール棚の本体や部品は、在庫品と受注生産品との2種類があります。在庫品とは通常在庫が豊富にあり、2~3営業日程度で出荷ができるスチール棚商品となります。一方の受注生産品は、受注後(注文確定後)にメーカーに発注をかけて製作を依頼する商品で、通常在庫が無く、納期が2週間程度かかるスチール棚商品です。
トピックス

軽量スチール棚用の角ビス(ボルト・ナット)

軽量スチール棚は、ボルトナット締めをおこなって組み立てるスチール棚です。軽量棚用角ビスは、その軽量スチール棚に使用する部材となります。同じビス(ボルトナット)で、皿ビスがあります。その違いは、ボルトの直径が角ビスの方が太いこと、また、角ビスを使用すると外側からもビス止めができること、などです。ボルト径が太いことで、皿ビスよりもより強固なスチール棚ができあがりますが、角ビスですと外側に対して出っ張りが出るため、ワイド(幅)が少し大きくなります。ビスの分までは表示の寸法に考慮しておりませんので、注意が必要です。
トピックス

コーナープレート(W型)軽量スチール棚用

コーナープレート(W型コーナー)部材は、スチール棚の軽量棚のオープンタイプと金網タイプのみに適合するオプションパーツです。従来のコーナープレートは、L型の薄型プレートの金具でしたが、このW型のコーナープレートに変更したため、強度と施工性が増しました。従来のL型コーナープレートは、スチール棚の4隅に全部で16枚付けることが必要で、薄型プレートの金具なため、強度も弱くぐらつきが抑えにくい構造でした。
トピックス

オープン(開放)棚のスチール棚とは

スチール棚・スチールラックの軽量棚タイプには、追加するオプション品にあわせていろいろなスチール棚・スチールラックの種類があります。軽量棚で、代表的なスチール棚・スチールラックは、オープン(開放)棚です。スチールアングル支柱とスチール棚板とで構成されるシンプルな構造の棚板です。物品の収納はもちろんのこと、書籍・書類収納にもでき、その他多様な使い方ができるスチール棚・スチールラックです。スチール棚・スチールラックといえばこのオープン棚(開放棚)を指します。
タイトルとURLをコピーしました