ビス

トピックス

ビス(ボルト・ナット)締めのスチール棚

ビスと呼ばれるボルト・ナット締めでおこなう方法と、ボルトレスラックなどのボルト・ナット無しでおこなう作業方法がありますが、ここでは、軽量スチール棚や本棚・書棚としてのスチール書架タイプのスチール棚について説明しています。
トピックス

軽量スチール棚用の皿ビス(ボルト・ナット)

軽量スチール棚は、ボルトナット締めをおこなって組み立てるスチール棚です。軽量棚用皿ビスは、その軽量スチール棚、とりわけスチール棚パネルタイプの棚に使用する部材となります。同じビス(ボルトナット)で、角ビスがあります。その違いは、ボルトの直径が皿ビスの方が細いこと、また、皿ビスを使用すると内側のみの締め付け(ナット側からの締め付け)のみの対応となること、などです。
トピックス

軽量スチール棚用の角ビス(ボルト・ナット)

軽量スチール棚は、ボルトナット締めをおこなって組み立てるスチール棚です。軽量棚用角ビスは、その軽量スチール棚に使用する部材となります。同じビス(ボルトナット)で、皿ビスがあります。その違いは、ボルトの直径が角ビスの方が太いこと、また、角ビスを使用すると外側からもビス止めができること、などです。ボルト径が太いことで、皿ビスよりもより強固なスチール棚ができあがりますが、角ビスですと外側に対して出っ張りが出るため、ワイド(幅)が少し大きくなります。ビスの分までは表示の寸法に考慮しておりませんので、注意が必要です。
タイトルとURLをコピーしました